屋根に藻やカビが生えてきた

ホーム > 塗り替えのサイン > 屋根に藻やカビが生えてきた

屋根材の塗料が劣化したのが原因です

屋根材の塗装が弱って下地が見えてます

高圧洗浄で洗うと弱った屋根材の塗装は簡単に剥けてしまいます

反りかえった重なり目です。勾配が緩い屋根ほど雨漏りが心配です

防水性がなくなると屋根材が雨水を吸収してカビや藻が生えやすくなります。そして雨水の吸収や乾燥を繰り返すうちに屋根材は反りかえり、屋根の重なり目が広がっていくのです。広がった重なり目から雨水が浸入して雨漏りの原因にもなります
お問い合わせ
トップにもどる