外壁をさわると手に粉が付く

ホーム > 塗り替えのサイン > 外壁をさわると手に粉が付く

塗料の樹脂が劣化して粉状になった状態です

チョーキングといわれる現象です

防水性も弱ってる状態です。雨水が浸透するとヒビ割れを引き起こし、さらにヒビ割れから雨水を吸い込むという悪循環になります。放置すると塗膜の剥がれや膨らみに進行する可能性があります
お問い合わせ
トップにもどる